旅の記録

旅行好き社会人の旅行ブログ。飛行機・ホテル・グルメなど

イヤホンをAirpodsに変更

先日普段使いのイヤホンをAirpodsに変更しました。

f:id:mondo-06:20180416000346j:plainAirpodsはAppleが販売しているiPhone7以降の機種向けのワイヤレスイヤホンです。
発売当初は「耳からうどん」と言われてバカにされていたやつですねw

発売から1年半ほど経ったかと思いますが、街中でも見る機会が増えてきたかなと思います。

自分は今iPhone7を使っているのですが、ご存知の通りiPhone7以降の機種ではイヤホンジャックがなくなったためBluetoothイヤホンが必要となっています。

Bluetoothイヤホンは自分もいくつか試しましたが、カナル型は耳が詰まった感じがして気持ち悪いし、インナーイヤー型はそもそも数が少ないといったところで少々妥協しながら使っていました。

Airpodsは少々お高いですが、ネットでの評判もなかなか良さそうだし、ビックカメラのポイントが結構溜まっていたので(笑)、試しにと購入してみることに。

まだ使用して1ヶ月と経っていないですが、なかなか快適です。

Airpodsでストレスフリーに音楽視聴

Airpodsの良さはなんといってもストレスフリーな音楽視聴ができることだと思います。

完全ワイヤレスのため、通常のBluetoothイヤホンにあるような首の後ろに回すケーブルもないため煩わしさなくただ耳に入れるだけです。
管理も充電器を兼ねた専用ケースに入れておくだけなのでケーブルが絡まったりすることも防げます。

またiPhoneとの接続も非常にスピーディーで、Airpodsのケースのふたを開けるとiPhoneとリンクされます。

またAirpodsを耳にかけていることをセンサーが認識するため、Airpodsを耳から外すと音楽が自動で止まるようにもなっています。

バッテリーの持ちも十分

Bluetoothイヤホンで問題となるバッテリーの持ちですが、公式情報によると

  • Airpodsと充電ケースの併用で24時間以上の再生
  • 1回の充電で最大5時間の再生
  • 充電ケースで15分充電すると3時間の再生

が可能とのこと。充電ケースをフル充電して持ち歩けば余裕で1日持ちますね。

個人的に嬉しいのが充電ケースの端子がiPhoneと同じLightningケーブルである点ですね。おかげでiPhoneの充電器と共通で充電することができます。

デメリットを強いて挙げるとすれば・・・

デメリットは特にないですが、強いて挙げるとすればスポーツでの利用は人を選ぶかなという点ですね。

Airpodsの耳へのフィット具合によりますが、あまりフィットしない人であれば走ったりすると外れてしまうかもしれません。

基本的にAirpodsはiPhone純正イヤホンと同じ形なのでそれが自分の耳に合うかどうか確かめてみるとAirpodsの装着感も考えられて良いかと思います。

まとめると

簡単にしか書いていないですが、とりあえずストレスフリーです!

お値段は決して安くないですが、ガジェット周りをApple製品で固めているような人にはとても良い製品です。

この調子だとApple watchにも手を出しそう。。。

旅行記の合間になりましたが、最近のお買い物事情についてのご報告でした〜